« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

動物の被害。

 今、村で動物たちが畑に入ってこないように

大きく地区を囲う防護柵を作ろうという流れがあります。

大半の地区は賛成。すでに作り始めているところもあります。

 私たち百々和的には、この防護柵という方法には、疑問を持っています。

 動物たちと人間たちの住む場所に境をつくることにも抵抗があります。

 私たちの住む部落は大半が反対。(!!!!ありがたい。)

 それ以外の部落は賛成。

 「被害を受けたことがないからなのでは。」という声が聞こえてきそうですが、

 しかし、この地区の中では昔から被害は多い地区ではあります。

 私たちの部落の人たちは自分で畑を囲ったりして守っていますが、

 他の地区の人たちは、そういったことをなしに畑をできている人たちもいます。

 これからの被害を予想して、保険のためにという思いもあるのでしょうか。

 違う方法で獣害を減らして行けないものなのでしょうか。

 問題の背景は、とても大きいと思います。

 温暖化で夏の暑さが増して、森の中の動物の餌となる木が枯れてしまい、

 餌が少なくなって畑に下りてこざる追えないこと。

 林業が盛んでなくなり、間伐などがすすまず、森があれていること。

 都会からくる原因が、畑に襲ってきているのかも。

 一概に、田舎に住む人たちだけの問題ではないと思い。

 ブログに書いてみようと思いました。

 

 柵を森の中に作るということは、自然の中に、自然からはできないものをいれるということ。

 もし、管理できなくなれば、森の中にゴミとして残ります。

 すでに柵を作っている村では、動物が体当たりで柵を破ったり。つる性の植物が

 でてきて、管理がどうしようもなくなっているという話は聞きました、

 ・

 柵をすること以外にも

 ・森を整理して、森の中に動物たちの生きていける環境をつくる。とか

 ・動物のこない土づくりをすること。

  (植物性のものだけでの土づくりをすると、動物のえさとなるミミズが減っていくとのこと)

 

 など、の努力は大切かなぁ。と思う。

 以前であった昭和の農村風景の写真集。

 その中に「柵を作らなくても、イノシシはじゃがいも畑には降りてこなかった。」

 と書いてあることに感銘を受けました。

 目指すところはそこでしょう。

 畑の作物は、人間が栽培はしているけれど、太陽とか雨とか、土とか

微生物とか。いろんなものによって育っていくもので。

 自分の土地とはいえ、大半は自然からの恩恵。

 そう思うと、防護柵以外の方法で何とかならんのかと思っています。

 

この地区は、最終的にはうちの部落以外を囲むということになりそうです。

さて、冬の時間があるときに「もののけ姫」でも見ようかな~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雪の日

Img_0224
お外は、しんしん・・・

雪が積もってます。今日もさむさむ。

積もった雪が溶けない日々。年末の感じです。

暖房がない部屋は、アイスクリームクーラーの中の香り・・・

何度なんだろう・・・

それでも、ひでくんお外で大豆にトーミをかけたり。

なんかやってる。元気だよ~。

私はそそくさとおうちにこもって家仕事。

大好き家仕事。この時期を待っていた。

編み物、縫物とかいろいろしたい。

Img_0220


長野の有機農業研究会の会報の表紙。

2年間やらせてもらってきたものも、今回で最後。

絵を描くのも続けてやると、楽しくなってくる。

ライフワークになるかな・・・。

キースジャレットのピアノとあったかい飲み物を片手に

ほっこりやっとります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

醤油絞り

Fj3100400001


一年間、みんなでつくってきた醤油ができあがりました。

絞って、樽に保存して、沈殿物が沈んだところを

サイフォンしてるところ。

おいしい醤油ができてうれしい!

今朝お粥に垂らしていただきました。

最高にうまかった・・・・!

工場の機械生産にたよらなく、

地域の中の人たちでいろんなものを作っていくことは

本当に大切なことだと思います。

身の回りのものが、そういうものにあふれているということは

本当の意味で幸せですね。

こういう小さい世界で物事がまわる社会になってほしいな~。

さてさて。

今から、近所さんの餅つきにいってきます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事始め。

Img_0219

お正月飾りのしめ縄を編みました。

コツをつかめば案外簡単で、楽しい~。

売っているものよりいい感じがするし・・・

はまって、たくさん作りました。

作り終わって一息ついたとき、

「あ!!!!我が家喪中だったんじゃない????」

が~ん・・・

飾れない・・・

こっそりだったら許される?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お米

まだお米は作れていません。

もちろん作ることを夢見ています。

自分たちがお米をつくるならどういう方法がいいかなぁと思って、

無肥料のお米や、肥料を使ったおコメなどを食べ比べてみています。

Img_0214

う~む~。

農家さんによって本当に味がちがう~。

はやく作りたい・・・・

ちなみに我が家は体のことを考えた結果、

白米を食べてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌

今年の2月にしこんだ味噌を開けてみました。

お~。おいしい・・・

いい香り。マイルド!

でも、少しまだ若い気がしたので

混ぜて空気にあてて、再度熟成。

自分でつくった麹もきちんと味噌になってくれていたので安心~。

手作り味噌は、年月とともに育ちます。

我が家には3年味噌まで今ありますが、

どんどんおいしくなってる。3年味噌でつくったおみそ汁は

ほんとに元気になる!

「ぐ~。血が巡る~。ほっこり~。」って感じ。

来年の仕込みもすでに楽しみ・・・

麦麹混ぜようかな~。とか、今年は豆味噌つくりたい~。とか

うずうず。うずうず・・・。

そして、それを再来年に食べることを考えてもう、よだれが。。。

Img_0209

| | コメント (1) | トラックバック (0)

出荷

Img_0205


今週で出荷、終わりになります。

達成感!。そして、寂しい・・・

今年もいろいろと楽しかったな~。

畑はたくさん語りかけてくれました!

ありがと。

片付けがまだまだのこってるけど。

寒さにめげずがんばりまふ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

麦ふみ

種まきがすこし遅くなってしまった麦。

心配だったけど。

Img_0203

ちゃんと芽がでてくれた!よかった。

寒さを吹き飛ばせと、麦ふみ~。

Img_0202


踏むことで、霜から浮き上がらないように抑えて、

あと、強い子に育ちます。

来年もおいしいおうどん食べたいな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »