« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

もちつきの真実・・・

なんと・・。今日も餅つきしてきました~。

別のお宅で。

そして、あさっても・・・・。餅つきまくりでごわす。

今日いったおうちで、

「新婚さんは、二人でもちつかにゃいかん~。」

ということで、二人でついて、返してきました。

新婚さんがついた餅はいい餅なんだって。

そこの方いわく、

「餅つきは、はっきりいってSEXだからね!!!」

と・・・・・

・・・・・・

・・・

ひょひょえぇえ。

そういうことなんですか。

ご神体とか・・・。そういった感じなの・・・???

なんか、逆に神聖な感じがしたのは私だけ??

P1040262 P1040257

| | コメント (4) | トラックバック (0)

もちつきだよ。

同じ村に住む移住者、なおくんの家で、

餅つきをしてきましたよ~。

なんってたって、臼でつく餅なんてはじめて~。

わくわくですねぇ。

Mochi よいしょ~!

 よいしょ~!

声をだすと、

テンションも

あがります~。

玄米餅、きびもち・・・

いろんな餅をつきました。

2升づつの7回・・・

いや~がんばりました。

ちゃくちゃくと、新年への準備がすすんでます。

こうやって、餅をつけること、

そういう仲間がいること・・・。

しみじみと、感謝の気持ちがわいてきました~。

そういう思いがでるなんて、

やっぱり餅つきは大切な年末の行事なんだなぁ。

ありがたい・・・。

その後、なおくんがおむすびをにぎってくれました。

とてもおいしいくてやさしいおむすび。

おむすびってよい言葉です。

「結び」ですもの・・・・

Musubi 「食」ってよいです。

食が中心の生活・・・。

元気の源ですね。

みなさん。

今年はどういう年でしたか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋根のうえ。

P1040192

う~・・・さぶさぶさぶ・・・

寒波、すごかったですねぇ。

南アルプスも真っ白・・・

戸隠から帰ってきたら・・・・大変・・・

パートナーの疲労にあふれた顔。なにがあったの!!

上水、下水両方凍結・・・

洗濯も食器洗いもできないしさ。

昼間でも水が凍っていったり。

大根に霜柱がたってるとか、聞いたことあります??

って感じで、寒さの贅をつくしている感じです。

おうちの修理もがんばってますよ~。

今は屋根の修理中。

いったん全部はがしてます。

どうりで寒いはず・・・。

外壁もないんですもん・・・

田舎暮らし、なんでもできなきゃだめですね~。

Yane

| | コメント (4) | トラックバック (0)

子供の部屋

ぶるぶるぶる・・・・

ぶるぶるぶる・・・・

さむさむさむさむ。

・・

戸隠にとあるイベントの手伝いにいってました。

なんとも、夢の世界をたんのうしてきたのだ。

Kodomonoasobi

こどもと大人の間の世界のマリオネット劇です。

榊原澄人くんの、作品です。

とっても素敵なアーティストですねぇ。

彼の作品もさることながら、彼自身がとてもおもしろかった・・・・。

はにゃはにゃ・・・。

世のなか自由なのね~。

自由に、自由に。

はぁぁ~。

スタッフとしてたずさわれて、たくさんの

刺激をもらってきました。

「わたしの涙にボートがうかぶ・・・」

ぜひとも、言ってみたい一言。

こんな女性になってみたいわい。

I LOVE ARTです。

たのしかったわい。

Don

| | コメント (0) | トラックバック (0)

植物工場。

『女性に大人気の野菜

出荷元は「野菜工場」

LEDと水で年中生産』

これ、読んでみんなはなんて思うんでしょか。

新聞のテレビ欄にあった文章。

「水と光があれば、野菜ができるの~!」とか?

「植物工場なんて、未来的で、衛生的!」みたいな・・・

肯定的なのか、否定的なのか・・・。

よくわからないけど・・・・。

生産性は高いからか、たまに、こういう農業を

すすめられたりします。

私たちは、これとは正反対の農業をしたいのでありますが。

いろんな農業がありますねぇ。

なにがいいのか。

どれもよいのでしょうけれど。

有機的な農業のなかでも、

自然農と有機農業・・・。

ちょっとした論争もあるようです。

おいしくて、にっこり・・・。

元気になりそうだ~。

そんな野菜であればよいのでしょうねぇ。

おひさまに感謝。

そんな気持ちが自然に湧き上がる、

そんな農業がよいと、私は思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »