« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

到着しました~

ヒュッテで働いています。

久々に、忙しい労働・・・。

やっぱり働くのはいいです。

そしてそして、顔見知りのお客さんの面々・・。

ほっとします。

山はあいにくの天気。

ぱ~とした夏山って感じではないけれど・・。

でも、穂高は今年もかっこよいですよん。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

夏山だ~。

明日から、長野へむかいまふ~。

正確には、北アルプス、涸沢ヒュッテどす。

はい。バイトですねぇ。

なつかしのみなさま~。

顔が見れるのが楽しみです・・・。

きっとまた、お勝手にこもっとりますので、呼び出してくらはい。

お盆までいるつもり。

あぁ。夏山・・・・。

こうして、今年もまた夏は避暑地へ・・・。

高冷地でないと住めない体へと。

やせれたらいいな。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蝉が鳴く・・・。

むにゃむにゃ・・・。

久々に夜にコーヒーを飲んだら、

3時まで寝れなくなりました・・・。

なんか蝉がすごい鳴いてる・・・・。

夏っぽい。

私、ここ3年、ずっと夏は北アルプスの中で過ごし。

半そででいられるのも、1週間くらい・・・。

その前はブラジルにいて。からっとした暑さの夏をすごし・・・。

4年も日本の夏から遠ざかっておりまして。

ひょー!!!

日本の夏ってこんなにじっとりだったのね・・・・。なんて思っとります。

暑いわい!!!

ひさびさに、こんなに汗をかいまふ。

ちょっと、楽しい・・・。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拝啓 ナナオサカキ様

詩人で、旅人、部族の長老・・・。

http://amanakuni.net/nanao/

3年前、ナナオと夕食を食べた事があります。

そのとき住み込んでいたカフェで、数人で食事をしました。

その当時、私はナナオのことは知らず、

「ナナオは女にすごいもてるのよ~。」的なことをオーナーから聞いてて。

どんないかしたじいさんがくるんだ・・・と思っていた。

ふらっと現れたナナオは、本当にいかした風貌のじいさんで。

なんか、森からふらっと出てきたトロールみたいな・・・。

「ナナオさんってサンタクロースみたいですね~。」っていったら、

ナナオは、目を真ん丸くして、

「私がサンタクロースって知らなかったのですか??」

っていっていた。

その、真ん丸い目の顔が、あまりにかわいくて、

あぁ、なるほど、女にもてるだろうなぁ・・・。と思った。

赤ワインを飲みながら、なんということはない、

たわいもない会話をしたり、ぽわんとした夕食で、

なんか幸せな感じの空気で。

最近、本屋で雑誌を立ち読みしたりして、

ナナオの記事を読んだりする。

たくさんの人の前で詩を読んでたり。

あぁ、この人、こんなことしてたんだぁ。とか思うんだけど。

私の中では、外にふらっとタッションしにいってる後姿とか、

妙にかわいい薄紫のゴムで髪を結んでたなぁ。とか。

そんな、感じのおじいさんの思い出・・・・。

亡くなったのも、外にタッションしにいっっていた時だったらしい。

って、ふらっと耳にして。

なんか、心の中で、くすりと笑ってしまった。

どんなときも変わらない人だわ~って。

天国にいっちゃった今でもきっと、

あいかわらず、

かわらずなんだろなぁ。

なんて、

なんだか、よく最近ナナオの事を思い出すので、書いPhoto てみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅に出よう!

私のライフワークの一つに旅行があります。

少し前までは、海外!!!って感じだったけど。

最近は日本が多い・・・。

私は、その土地に行って、すこし滞在して、

疲労とともに、そこにいる実感がわいて、感動する・・・。

心が少し鈍いのかな。時間がかかります・・・。

皆さんはどうですか~?

最近は、日々の生活が旅になってしまってる・・・。

だから、無性に旅~!!!って欲求はないんだけどね。

たまに、棚の整理をしていると、いろんな写真がでてくる・・・。

後から見ると、結構いろいろあって・・・。

久々に見ると第3者の目線で見れて、面白い・・・。

へぇぇ。こんなとこいったんだ~みたいな。

いつか、全部まとめてみたいなぁ。

写真は南米のボリビア、ウユニ塩湖。

空の中を散歩しました。

本当にきれいです・・・。

ここでの疲れは、塩がすごくて、体中べっとり。

1週間風呂も入らず、山を歩いたときより、不快度は高かった・・・。

つらかったけど、その分朝日と夕日は、格別でした。

Photo Photo_3 Photo_4

3 Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大漁でした~!!

Photo 週末お父さんが、

釣りにいってました。

鯛が大漁!!

めでたい・・。

色といい、形といい、大きさといい・・・。

なんか、鯛ってすごい、めでたい感じがする。

立派です~。

海の幸、磯の香り、大好きです。

「森は海の恋人」って聞いたことがありますか?

森がないと、海が肥えない。

森を雨水がとおって、土にいる微生物が溶け込んで。

全部つながってるんですなぁ。

鯛、アクアパッツァにして食べました。

おいしかった~。

もぐもぐ・・・もぐもぐ・・・・

夏ばて知らず・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しとしとと降る・・・。

梅雨ですね~。

じめじめしてます。

最近の梅雨は大概7月に入ってからですね~。

通勤をしてないからなのか、

梅雨もいいもんだよ~。とか思ってます。

どよ~んとした感じとか。

最近は、雨と雨の間に、

蝉の鳴き声が聞こえるようになりました。

夏の音・・・。

もうすぐ夏だ~!!

Photo_3  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文化って・・・!

Hirune 田舎に住みたい!と思うようになって。

文化というもののすばらしさとか、

大切さを思います。

田舎といえど、芸術とか、文学とか・・・。

そういったものに触れていたい~。

長野ってとこには、そういうものが、

たくさんあってよいなぁ。

インターネットとかも、普及していて。

田舎に住む人にとっては、文化的生活には必要!!!

グローバリゼーションです!!

田舎でありながら、調和がとれているような感じ。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火のある生活。

Kamado なぜか釜戸にあこがれます。

形といい、大きさといい、

なんだか惹かれます・・・・。

お茶も煎れたり・・・。

←とある、空き家。

理想的な雰囲気のお勝手に

出会いました~。

土間に、釜戸とコンクリートの流し。

何かの記事に書いてあったんだけど・・・。

人間と動物の大きな違いは、

「火を使えること」

最近は、オール電化が流行っていたり、

火を使えない人間が増えていて。

人間は動物へと、退化しつつある・・・。

って・・・・。

ううぅ・・。確かに・・・。

薪風呂とか、薪ストーブとか・・・。

とっても大好きです・・・。

火ってよいですよねぇ。

見てると、ほーっとして、ぼーっとして、

あの感覚ってなんなんだろう・・・。

あ!!明日は七夕・・・。

私の誕生日だ!!

むふふ・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

散歩のぽぽぽ。

散歩は大好きです。

ふらふらと、ゆるやかなペースで歩いていると・・・。

いろんなものを発見できる。

歩くの大好き。

私の場合、散歩の延長線が登山になっちゃってる??

登山はいいです。

一日中、散歩しているようなものだから。

いい空気と、神々しい山の中。

なにも考えずに歩くのは、とてもよいです。

登山はいいですよ~。

Sanpo  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウトドアライフ。

Niji いろいろと移動している時、

宿泊は車でしてます。

宿代も馬鹿にならないし・・・。

どこまでもいけるし・・・・。

もちろんご飯も、大概自炊。

どこかの駐車場で、つくってます。

洗濯は公園でしてみたり・・・。

野外生活、はまるとなかなか楽しい・・・・。

おうちは車。

Outdoor Kaze

| | コメント (3) | トラックバック (0)

エデンの園

九州でいろんな農園をみてまわりました~。

Oka 宮崎のハーブ農家。

バイオダイナミック農法。

丘の上の草原。

将来ここは、ハーブ畑に。

山を借りて、

そこに家と畑を作る予定と。

なんか、聞くだけで素敵・・・。

大分の倉田ファームにはロバがいました~。

ここも山を開墾して畑にしてます。

Roba 鶏やら、やぎやら、猫やら、犬。

ほとんど放し飼いです。

「ちょっと、卵もらうからね~。」

「ありがとね~。」

野菜にも動物にもやさしく

はなしかけながら暮らしている

倉田さんは、ノアの箱舟の

ノアじいさんに見えました。

食糧難になっても、

家族も友人も助けられるし、体にもいいんじゃから~。

と、有機農法でやってます。

なんか、素敵な農家が多くて、

はやく畑をやりたいな~とか、こんなふうにやりたい!

とか、夢がひろがりました。

ありがとうございます~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »